アクセスカウンタ

μ craft

プロフィール

ブログ名
μ craft
ブログ紹介
フィッシングをメインに身近なツールで ハンドメ。

zoom RSS

あけましておめでとうございます

2016/01/05 19:24
本年もよろしくお願いします。



今年も他愛ない小さなクラフト記事を忘れたころに載せていきますので、よろしくお願いいたします。




最近ではクロダイの落とし込みロッドの2mバージョンの制作とか、あと、普通に売っているアイなしのフックに、スモールフィッシュ用に無理やりアイを付ける方法とかがあります。



今はプロトの段階なので、こまめにフィールドチェックしているところです。



ま・ま・・・、とりあえずこんな感じで、すろ〜に更新していくので、たまに寄ってみてください。



では!・・・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


折れたロッドはチヌ竿に

2012/01/04 04:21
去年の暮れ、未使用のチョイ投げロッドが、自分の不注意で折れて使用不能になったんですが、何とかしようと思いまして、やはり予告どおりにUガイドのチヌ竿に変更しました。




画像




画像




画像



渓流竿を改造し、せっかく作ったのに、使用頻度が極端に少ない3.6mの落とし込み用ロッドの先端を3本あわせて見た所、ちょうどテーパー度がいい具合に偶然合って、密かに欲しかった、3mの落とし込み専用のロッドが出来ました。



このロッドを使って、近日 幡豆か西浦半島のロックフィッシュを狙って見るのもいいかも・・・、なんて企んでいます。




何とか折れたロッドが復活したので、使いたくて仕方ありません。(笑)




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


FUJIが作ったリール FPR−20

2011/12/30 05:07
家にあるフィッシングタックルケースのリールだけ入っている箱に、ラインガイドで有名なFUJIがかなり前に作ったFPRシシリーズの中の、FPR−20が入っていた。




画像



画像



画像




いつ頃購入したかは覚えていないが、ずいぶん前に 何かに使えないかな? と思い、衝動買い程度で購入したモノだが、今になってみれば、以外や以外、ネットでいろいろ調べてみると、現在は生産していないと言うことで、プレミアが付いていた。


実際には、1,000円少しくらいで当時買えたものだったと思うのだが、今になって改造ならぬ、手を加える事で見た目も良くなる事から、加工済み品が結構な高値で売られている。


当時はシンプルな味気ないデザイン(失礼!)だったのに、今でも一部のマニアは加工済みのこのFPRを10,000円以上する価格でネット販売しているものを購入しているという。


今にしてみれば、手元にあるこのFPR(人気はFPR−25の方だが)、近々自分で加工してみようか。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


折れたロッド 2

2011/12/26 04:40
未だに、折れたロッドの使い道を迷っている自分だが、一つ頭に浮かんだ事がある。

このロッドをUガイドロッドにしてしまおうと思っているのだ。


ルアーロッドをメインで使用している日々だが、梅雨時から初秋に関しては、堤防のクロダイ釣りがメインになる。
そこで、いつも使用している3.6〜4.5mのUガイドロッドに、新たなる3.0mクラスのロッドもあっていいものだと思っている。

チヌ竿もいろいろあるが、コルクグリップなるものはあまり見たことが無い。


そうなれば、最近使っていない自作のUガイドロッドを何とかしたら、そのくらいの長さのロッドが出来るんじゃぁないかと思っている。



では、とりあえず今付いているガイドを外しておきますか・・・。




画像





年末年始のお休み中に、完成させてみようか。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


釣り竿が折れた

2011/12/22 19:00
購入してまだ一度使用していないチョイ投げロッドが、自分の不注意で ポキッ と折れてしまった。



画像



画像





使うのを楽しみにしていただけに、非常に残念で仕方がない。
でも、何とかして他の使い道を考えて、何とかモノにしてみようと、往生際が悪い自分なのだ。




・・・で、とりあえずどうしようか考えてみよう。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジグヘッドの自作

2011/11/22 04:07

ロックフィッシュ釣行の際に、とくに使用するのがジグヘッド。
しかし、初めてのポイントでの釣行の際、ボトムの地形を把握出来るまでロストをする事が多い。

そこでワタシはフック類は全て自作を使っている。


自作といってもそんなたいした事は無く、安物のストレートフックにガン玉のシンカーを付けた極シンプルなモノ。

しかしそのままでは何回かキャストしているうちに、ワームがずれてくる、そこでこの形だ。




画像



シンカーを挟む前に、ステンレスの針金をラセンに巻いておく、コレだけでワームのズレを結構防ぐ事が出来るようになる。



写真を見て、参考にされてみては・・・。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フィッシュホルダー(プロト) 製作 その2

2011/11/20 03:34
フィッシュホルダーの違う形を作ってみた。




画像



画像



画像



先回のモノとはホールド部分を変え、グリップ部分も若干だが、丸みを持たして握り易いようにしておいた。



実際使ってみると、悪い使用感ではなく、魚をはさんで軽く振り回して(魚に失礼かな?)みても、全く外れないので、小型魚使用には問題は無いみたいだ。


画像






使用したパーツは全て自分で削りだし。

材質は 

本体      1mm厚 アルミ板
ホールド部  5mm厚アクリル板
ネジ 類    ステンレス
スペーサー  ABS樹脂
スプリング   ステンレス


もう一つほど違う形のモノを作ってみて、お気に入りのモノを常に使おうと思っている。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フィッシュホルダーの自作

2011/11/12 02:26
まだプロトの段階だが、小型のフィッシュキーパー(フィッシュホルダー ッフィッシュグリップなどと色んな呼び方があるみたい)を作ってみた。


既製品では、オサムズファクトリーと言うメーカーで、小型のフィッシュキーパーが出ているが、さらに小型を目指して作ったものがコレ。


画像




現在まだ使ってことが無いので、使用感は分からないが、多分使えると思う。

ハンドメ感がしっかりと出ている。



画像


画像




9cmというスモールサイズだが、スプリングはちゃんとコイルスプリングを利用していて、小型の魚なら十分使えると思っている。


近々フィールドでチェックして見る事にしてみる。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自分で作る

2011/11/12 02:09
色んな既製品は多い中、ちょっとしたモノは自分専用に作ってみるのもいいかも・・・、なんて事から、手軽にあるツールを使って、ハンドメをしてみようっていうのが、このブログ。

たまにしか更新しないけど・・・。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

μ craft/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる